タバコを吸ってモテ期到来?

更新日:

私がタバコを始めたのは22歳という喫煙者の中では遅い年齢でした。
大学を卒業して就職試験に失敗し、自宅でモヤモヤとしながら引きこもっている時でした。
ずっと自宅にこもりっきりだと良くないと友達が合コンに誘ってくれたのがタバコをたしなむきっかけとなりました。
合コンの相手は可愛い4人の女の子たちで私以外の男3人はタバコを吸っていました。
その時の合コンでは女の子たちは私以外の男3人に興味津々で私には全く興味がないという悲惨な状況になっていました。
そんな中、女の子の一人が「男の人のタバコ吸ってる姿ってかっこいいよね」と言い出しました。
私はタバコを吸わなかったのでその時の私は無知だったせいもありタバコを吸えば女の子にモテるんだと勝手に解釈をしてタバコを吸おうと決心しました。
もちろん合コンで私は全くモテなかったので一人寂しく電車に揺られて帰る始末でした。
その途中、あまりにも悔しかったのでカッコいいと言っていたタバコを購入してみました。
銘柄もよくわからなかったのでとりあえず友達が吸っていたフィリップモリススーパーライトという銘柄を選びました。
当時は禁煙の場所も少なかったので駅前でタバコに火をつけてみました。
友達がタバコなしでは生きられないようなことを言っていたのでさぞ美味しいのだろうと想像していましたが初めて吸ったタバコは微妙な味で美味しくも不味くもなかったのを覚えています。
でもタバコを吸うようになればきっと私にもモテ期が訪れると信じて一生懸命にタバコを吸う練習をしました。
タバコを吸う練習にいそしんでいたある日、前回の合コンから2か月ほど過ぎた頃に合コンのお誘いが来ました。
この時を待っていました。
私はタバコをくゆらせながらモテモテになっている自分自身を想像しながら喜び勇んで合コンに向かいました。
その時の相手は前回の時と勝るとも劣らないくらいの可愛い子が揃っていていやおうなしに胸が高鳴りました。
いざ合コンがスタートしました。
しかし、いくら待っても私に女の子が寄ってこないのです。
待てど暮らせど私にお声が掛からないのです。
そこで女の子にタバコを吸っているところを見せつけカッコいいアピールをしました。
すると女の子から「タバコ吸ってるなんて不健康だし一緒にいて私にも害があるからタバコ吸う人とは付き合わない」とズバッと言い切られました。
その日の合コンも見事に轟沈して意気消沈しながら帰る途中、ゴミ箱にタバコを投げ捨て何のための練習だったんだと自らを呪いながらタバコはもうやめようとその場で決心しました。
でもタバコって常習性があるのを知らなかったんです。
未だにタバコを止められず、未だにモテ期も来てませんが吸い続けています。

Copyright© 電子タバコって最高かよ!いまさら始めたけど楽しむブログ , 2018 All Rights Reserved.